[PR] マッサージ +++ 4seasons-blog +++ 忍者ブログ
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1/20、天気予報ではマークだけど、GPVでは雲がかかる予報が... am3時過ぎに牧の戸峠へ到着. 駐車場でGINさんにお会いしご挨拶. GINさんが先行された後、今回同行の自称「晴れ男」I先輩の力を信じて、牧の戸取り付きam4:15. ガチガチ&ツルツルの登山道を何とかクリアーして久住避難小屋に到着すると、木下さん、GINさん、大空さんが待機中であった. 少し経ってから皆で池の小屋へ移動することに...

 池の小屋で着替えを済ませ外に出て東の方角に目をやると、空が朱く色付き始めている... 霧氷が綺麗だと中岳もいいのだが、今日は霧氷が殆ど付いていないこともあって木下さんと私は天狗ヶ城へ. 先行されたGINさんと大空さんは中岳へ行かれたようである. 天狗ヶ城山頂には2名の方が撮影中であった. 後日分かったのだが、そのうちの1名は武内さんであった. 空の色付きから、山頂よりも北側の稜線下の方がベターだと判断しそのまま移動. 今日稜線下で夜明けを迎えるのは、木下さんの他に男性1名と女性1名、それに私を入れた計4名であった. 男性と女性はてっきりペアの方々だと思っていたら、それぞれに単独の方でした. 

雲の隙間が何とか残ってくれたおかげで、夜明けの空は雲が朱く色付いてくれた. 木下さんと撮影ポジションを入れ替わったりしながら、四方の光景を楽しんだ. 今日撮影している場所からだと、日が昇る位置が中岳と概ね重なるような感じのため、何だか中岳の周りが浮き上がるように光輝いていて実に美しく、雲が色付く光景よりも強く惹かれた. 夜明け直後のドラマチックなショーが一段落し、皆さんが一旦池の小屋へ下りられた後も、しばらくは山頂や吊り尾根付近でのんびりと山の表情を楽しむことにした. その後、池の小屋へ向かい、木下さん・GINさん・大空さんからイジられ(笑)つつ、談笑の絶えない楽しいひとときを過ごした.

しばらくして、皆さん三々五々に山を下ることになり、私は御池の凍結状態が比較的良好だったので、ゆっくりと撮影を楽しむことにした. 池の周りに割と広範囲のシュカブラが出来ていたが、残念なことにソリや足跡があって台無し どうにか切り撮れないものかと試行錯誤してみたが、その姿を大空さんにしっかり見られていたので、ちょっぴり恥ずかしかったなと… 撮影を終え、美しく凍結した御池の中央を渡りながら後ろを振り替えると、大きくてクッキリとした日暈が頭上にデーンと現れていた 日暈は15mmだとギリギリなので、周りの風景まで一緒に収めるとなると必然的に魚眼の登場. 構図を探りながらの撮影となった

この状況だと久住山と日暈を絡めることが出来るかもと思い、急ぎ星生崎まで移動開始 何とか間に合ったのでコラボを撮影後、ようやく牧の戸へむけて下山開始. ひとあし先に下山してレストハウスで待ってくれていたI先輩と、長者原で鳥天付きのだんご汁定食を堪能し、温泉に入ってから帰路へ 晴れ男のI先輩さまさまの1日でした

PS.
鳥天定食よりも、絶対に鳥天付きだんご汁定食の方がお薦めですので、皆さん一度お試しあれ



拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ +++ 4seasons-blog +++ ] All Rights Reserved.
http://4seasons.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
最新CM
(01/31)
(01/27)
(01/07)
(01/07)
(01/01)
(12/31)
(10/27)
(10/20)
(09/18)
(09/17)
最古記事
(07/08)
(07/08)
(07/08)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/12)
(07/14)
プロフィール
HN:
sumi
HP:
性別:
男性
最新TB
忍者ブログ | [PR]