[PR] マッサージ +++ 4seasons-blog +++ 忍者ブログ
ADMIN | WRITE| RESPONSE
2月1日(日)【2015 No.4】

年に1〜2回はやってしまう朝駆けから夕暮れまでの1日どっぷり山行。 まさに今回がそれになってしまった^^;

本来は土曜日に登る予定であったが、金曜日の仕事が長引いたため断念。 山仲間によると、土曜日が想定外の天候で展望が叶わなかったらしく、結果オーライ的な日曜山行となった^ ^

早朝はガスに覆われてしまったが、これは想定内で晴れるのは分かっていたため、相も変わらずの我慢比べ大会である。 思わせぶりなガスの流れに一喜一憂しながら天狗ヶ城山頂に滞在すること3時間あまり。 ようやくガスが切れ始め辺り一面ブラボーな純白の世界が広がっていった。

今朝の天狗ヶ城山頂は、森川さんと私を含めて3名であり、積雪量が多く、雪のコンディションもGOOD(๑•̀ㅂ•́)و✧ 風雪の造形美も最高レベルだったので、久しぶりにじっくりと撮影を楽しむことが出来た

ガスが消えた頃から大勢の登山者が一気に押し寄せ始めた。 のんびり休憩していた御池で登山者をカウントしてみたら、何と御池内だけで50名以上⁉️ 団体が多かったせいでもあるが、とにかく雪景色も人出も最高な日のようであった。

天狗ヶ城➡︎御池➡︎上の台
へと移動しながら、この時点で夕暮れまで残ることを心に決めていた。 稲星山も気になっていたが、おそらく木下さんがピンクガメラ狙いで行かれると思っていたので、私は星生山へ。

久住分かれ➡︎星生崎➡︎星生稜線➡︎星生山
まで、シュカブラ、海老の尻尾、ミニ雪庇など楽しみながらのんびりと進む。 星生山頂に到着した時点で日没まで1時間程度。 いったん西側に下って雪面の状態などを確認してから再び山頂へ。

アーベントロートのピーク時を山頂で迎えるか、少し下った所で迎えるか、この時点では迷っていたが、再度往復してからピーク時はやはり山頂で迎えることに決めた。

久しぶりに星生山頂で迎える夕暮れは絶妙なピンクアーベントロートとなった しばし光景と撮影を楽しんだ後、月と残照を更に楽しみながら下山開始。

沓掛山の手前で追い付いた登山者は、何とオアシスさんとm.saitoさんだった‼️ 話し込んでいたところに、さらにGINさんが合流。 皆さんお久しぶりです^ ^

どうやらnonoさんも久住山に居たらしく、木下さんは稲星山、後で分かったのだが一緒に朝駆けした山靴さん、森川さんも星生崎に居残り、オアシスさんは西千里浜、m.saitoさんは扇ヶ鼻東端と、各々のポイントで奇人・変人大集合の夕暮れだったようだ。

まるで阿吽の呼吸のような、これって私が長年思っている最高に理想的なスタイルd( ̄  ̄)
今回もくじゅうに大感謝の1日でした^ ^

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ +++ 4seasons-blog +++ ] All Rights Reserved.
http://4seasons.blog.shinobi.jp/

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新CM
(01/31)
(01/27)
(01/07)
(01/07)
(01/01)
(12/31)
(10/27)
(10/20)
(09/18)
(09/17)
最古記事
(07/08)
(07/08)
(07/08)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/12)
(07/14)
プロフィール
HN:
sumi
HP:
性別:
男性
最新TB
忍者ブログ | [PR]