[PR] マッサージ +++ 4seasons-blog +++ 忍者ブログ
ADMIN | WRITE| RESPONSE
週末、中岳へ朝駆けしてきました. 久住避難小屋で、先行されていたボッチさん達に合流し、小屋から星空を見上げながら、この様子だと単調な日の出になりそうだと予想. この後、木下さん も小屋で合流し、結局、天狗ヶ城には、木下さん、ボッチさんらの4名が、中岳には山下さんと私の2名がスタンバイしてご来光を待つことに 稲星山から久住山にかけて踊るような雲が少し色付いてくれましたが、日の出はやはり単調なものでした. 山下さんが中岳を下られた後、ひとりでのんびりしていると、木下さんが天狗ヶ城から中岳へ移動して来られ、青空の下でしばし撮影後、一緒に下山することに... 途中、つり尾根でフェアビューさん と遭遇 フェアビューさんは南登山口から久住山へ登られたとのこと. しばし歓談後、御池のほとりを経て久住非難小屋まで下り、小屋で軽い食事タイム の後、空にはなかなか面白い雲が発生していたため、木下さんと星生崎下でさっそく撮影開始 次から次へと流れてくる雲の表情を楽しみながら、しばらく撮影した後、未だ強烈な泥濘になる前の霜柱が立つ登山道を足早に下山開始. 途中、星生山との分岐を過ぎた辺りで、永松さん に遭遇 くじゅうの大御所である2人と、山の中でこうやって話しをするのはいつ以来だろうか... 面白可笑しく爆笑トークまで出るなど楽しいひと時でしたが、上り組の永松さんを見送った後、下り組の私たちも牧の戸峠方面へ向けて出発. 軽快に下り、峠まであと30分~40分といったところで、何と私にアクシデント発生 ポーチに入れていた携帯電話が無いっ 「たぶん星生崎下だな」と何故か確信した私は、木下さんにこのことを告げて、今まで下ってきた道を急ぎ引き返すことに 星生崎下にもしも無かったら...なんてことは考えず足早に戻る登山道は、徐々に泥濘始めていました. 星生崎下で撮影していた場所に行くと、携帯電話が岩と岩の間に落ちているのを発見 無事に保護した旨を木下さんへメール後、再度下山開始... 今度は、強烈な泥濘が登山靴を重たくして足の動きを妨げ、かなり泥だらけとなって登山口に到着. 牧の戸峠のレストハウスで、ゆっくりと過ごした後、男池へ移動. 少しだけ花散策をした後、で疲れを癒してから帰路へ 

踊る雲が色付いた


巨大な火口のようにも見えます...


中岳山頂に立つ木下さん


美しい雲の流れ


登山道には霜柱がビッシリと...


左が永松さん、右が木下さん


まるで魚の骨のような雲


ジロボウエンゴサクとアマナ


ヒトリシズカ


シロバナエンレイソウ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 こばはー
くはぁ~~!!
土曜日は良かったんですねぇ(ーー;;)
日曜日は・・・・・・・(T_T)
でも、晴れの大船山朝駆けできたから問題ない(^^ゞ
男池の収穫あったんじゃないですかぁ~~
ウソつきましたね(笑)

makinoto
かぢ 2010/04/20 23:15 *edit
 >かぢさんへ
こんばんは♭
土曜日の昼間は青空が綺麗でしたよ
男池は行くのが遅い時間になってしまい、日が射す場所を探しながら短時間の散策でした
咲いている花に何とか光が当たってくれたので、ラッキーでしたわ

makinoto
ss 2010/04/21 23:41 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ +++ 4seasons-blog +++ ] All Rights Reserved.
http://4seasons.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新CM
(01/31)
(01/27)
(01/07)
(01/07)
(01/01)
(12/31)
(10/27)
(10/20)
(09/18)
(09/17)
最古記事
(07/08)
(07/08)
(07/08)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/12)
(07/14)
プロフィール
HN:
sumi
HP:
性別:
男性
最新TB
忍者ブログ | [PR]