[PR] マッサージ +++ 4seasons-blog +++ 忍者ブログ
ADMIN | WRITE| RESPONSE
12月22日(土)
久し振りにトロトロの雪景色を堪能♪

GPVで8時以降は晴れる予報のはずだったが、北西から流れてくるガスの勢いが相当強く、朝駆けの天狗ヶ城山頂では2時間以上ホワイトアウトの中.でも、nacchi***さんと2人きりだったので、それはそれで良かったのかなと...(笑) まぁ、厳密に言うと別のもう一人の方と計3人で-10℃以下の山頂で耐寒訓練をやったわけだが、他の山仲間が全て中岳へ向かったので、山仲間の間では2人きりということになる。 実は先週もnacchi***さんと2人きりの状況になったのだが、10分もしないうちに山仲間のnonoさんがさっそうと現れ、私のささやかな幸せをバッサリと摘み取ったわけだ(笑) 2度ある事は3度ある...もし2人きりの状況がまた訪れ、そこへ山仲間が割って入ってこようとした際の決め台詞を考えてみた...「2人ですけど、なにか?」 とまぁ、GOTOさんのようなイントロで始めてみたが、やはり無理があるのでここらで止めておく(笑)

牧の戸峠取り付きam4時過ぎ。 雪深い登山道だが、金・土、それに今朝の先行者がトレースを付けてくれているため、ラッセルを強いられることは無かった。 トレースを付けてくれた先人の皆さん方に感謝感謝である。 それでも西千里では強風のため先行者のトレースが消えている所が何箇所かあった。 久住分かれの避難小屋に少しだけ立ち寄ると、山靴さんご夫妻大空さんが待機中だった。 少ししてから池の小屋へ向かい、牧の戸峠から約2時間で到着。 池の小屋では、いつもの山仲間が多数(笑) ボッチさんおお〇まさんryonaさんsanpoさんnacchi***さん、ゆみさん、森川さん(しゃべってないけど...笑) 着替えを済ましてから皆の後を追って山頂へと向かう。 池の小屋から吊り尾根までのルートが何時もより大回りになっていたが、くじゅうへ通い続けている山仲間でさえ正規なルートが分からないくらいの状況である。 吊り尾根の分岐で山仲間が天狗ヶ城と中岳のどちらへ向かうか思案中であったが、私は天狗ヶ城へと足を向けた。

山頂に着くと、男性1名とnacchi***さんが居た。 ここからは冒頭で書いたとおり待ちぼうけの状態が延々と続いた。 9:30頃になってようやく中岳等が姿を現し始めたので撮影開始。 周囲の山々も全山トロトロの雪化粧である。 天狗ヶ城山頂付近の足元もエビの尻尾や霧氷でビッシリである。 しばらく経って、nacchi***さんが稲星山へ向かうと言って去っていった。 私も今日は稲星山のガメラを見ておきたかったので、中岳山頂を経由し中岳南斜面を直下し稲星山へと向かった。 中岳南斜面を使うのは決まって積雪量の多い時である。 以前、トレースの無い全くの新雪(深雪)時に、まるで雪の中を泳ぐようにして下りた記憶が今でも蘇る。 おそらくnacchi***さんが付けてくれたトレースを辿って、稲星山山頂を目指す。 途中の光景に見惚れつつ、ようやく山頂に到着。 予想通り真っ白なマッチョのガメラが迎えてくれた。

今日はこのまま稲星山の山頂で夕暮れを迎えることも考えたが、ガスの勢いが殊の外強くて一か八かの賭けになるのと、もしピンクのガメラを木下さんよりも先にゲットしたら、それはそれでマズイかな...との判断で自嘲した(笑) しばらく稲星山山頂で過ごした後、下山開始。 池の小屋までの最後の登りを、ゼーゼー言いながらも何とかクリアー。 相変わらずガスの勢いは強く、アーベントロートの可能性は限りなく低いことを確信。 ただし、山頂ではブロッケンの可能性があったものの、既にここまでで疲労が蓄積しており、足を山頂に向けることが出来なかった。(この日のブロッケンはnonoさんm.saitoさんのサイトをご覧下さい)
16時頃に池の小屋を出発し、星生崎下で最後の悪あがきをしようと思ったが、やはりガスに阻まれ THE END。 17:20頃に星生崎下を出発。

18:20頃に牧の戸峠へ到着すると、nono&kehyさんが居た。 木下さんも山に入られているとのことで、一緒に少しだけ待ってみた。 私の後に2名が下山されたが何れも木下さんじゃなかったので、ここでそれぞれ帰路に着くこととした。 途中、玖珠のSAで2時間以上爆睡! 福岡の自宅へ辿り着いたのは23:30頃。 相変わらず体力が無いなぁ...と痛感した今回の雪中山行でした。



























拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 おはようございます
天狗ヶ城で「2人ですけど、なにか?」聞いてみたかったです(笑)
18:20頃牧ノ戸ですか?多分そのころ私もいたはずなんですけど・・・タイヤ周りの雪かきをしてました^_^;
それか私の方が早く下りたかですね。結構夕駆けした人が多かったようなので木下さんの後ろからも下りてきていたと話されていたし。ではまたお会いできるのを楽しみにしてます(^o^)/makinoto
nacchi*** 2013/12/24 07:40 *edit
 >nacchi***さんへ
こんばんは♭
日曜日はお疲れさまでした。
決め台詞…いつのことになるやら分かりませんが、首を長くして待ってて下さい(笑)
それにしても夕暮れまで木下さんと扇ヶ鼻に居たとは!!
稲星山へのトレースありがとうございました。おかげで凄く助かりましたよ。マッチョなガメラに会いに行くと、夜明け前の池の小屋で決めてましたからね。
ではまたくじゅうでお会いしましょう。

makinoto

sumi 2013/12/24 20:01 *edit
 無題
もう今年の登山は諦めましたよ・・・寒いから。
もっぱら自宅で誰かさんにくっつき虫しておきます(笑)
このへんSUMIさんと同じですが・・・何か?(爆)

ところで来年は、「二人ですけど、なにか?」をSUMIさんに叫んでもらおうと思っています。僕が三番目に天狗ケ城の山頂に立てばいんですよね・・・でも、とことん二人を混ぜくりますからね(笑)

と言う訳で、来年に持ち越されようとしている「一人ですけど~~」の継続か否かの課題は、結論未定と言う事で来年の夏に再度議論しましょう(笑)

よい年をお迎えください。
makinoto
GOTO 2013/12/28 20:17 *edit
 >GOTOさんへ
今日は年末のお忙しいところに電話してすみませんでした。
久しぶりにGOTOさんの声が聞きたかったもので^^
来年の議論、楽しみにしておきます。
では、良いお年をお迎え下さい。

makinoto
sumi 2013/12/31 17:55 *edit

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ +++ 4seasons-blog +++ ] All Rights Reserved.
http://4seasons.blog.shinobi.jp/

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新CM
(01/31)
(01/27)
(01/07)
(01/07)
(01/01)
(12/31)
(10/27)
(10/20)
(09/18)
(09/17)
最古記事
(07/08)
(07/08)
(07/08)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/09)
(07/12)
(07/14)
プロフィール
HN:
sumi
HP:
性別:
男性
最新TB
忍者ブログ | [PR]